« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年8月

Palm TX とS12HT接続設定

Bluetooth DUN接続を使ってイーモバイル イーモンスターライトS12HTをモデムに
して PalmTXでネット接続する設定

つながるようになるまで先人のお知恵を参考にさせていただいた。(感謝!)
[centro][S11HT] S11HTをcentroのモデムに(参照先)
結構いろいろいじったつもりだが、
結果だけ見るとキーポイントだけ抑えればあっさりできてる。

おそらく、私の設定入力の打ち間違えがあったと思われる。

基本はこの「おまじない」

 「+CGDCONT=1,"IP","emb.ne.jp"」

  ユーザー「em」

  パスワード「em」

  ダイヤル「*99#」

以下設定のスクリーンショット
Hrcapt20080810210436p Hrcapt20080810210451p

Hrcapt20080810210515p Hrcapt20080810210536p (detailはデフォルトのまま)

Hrcapt20080810210637p つながっているので[Disconnect]に変わってるhappy01


Hrcapt20080810210854p Hrcapt20080810210331p_2
GoogleMaps も PalmGate もこのとおり!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBookとイーモバイルS12HT接続設定

皆さんの投稿を読んでいるとBT PANで素直につながったというのを見かけたので
簡単かなと思ってた。

BT PAN設定はペアリングを行った後、
S12HTの方で共有の接続
macのメニューバーのブルトゥースからS12HTを選んで
出てくる選択肢で”ネットワークへ接続”で普通はつながる。

ところが私の環境では、一見つながっているかのように接続はされているんだが
肝心のデータが流れてこない。

こまって、ネット検索してみると
MacBookAirではつながらないケースがあって回避方法としてDUN(ダイアルアップ)で
設定をいじれば行けるとの報告を見た。

(WM6_BT_DUN.cab) ダイアルアッププロファイルを追加してS12HTの方を再起動

MacBookは

とりあえず普通にダイアルアップ設定を行ったがなんかつながらない。そこで
■MacBookAirで「幻の」DUN接続成功の追記の部分を参考にcclファイルを編集

MacBook Air + S11HT で Bluetooth DUN

↑ココも参照

ここでミスったのが、使っているテキストエディタの種類によると思うが

¥ と \ (ホントはいずれも半角)を間違えてしまっていた。

修正する箇所の付近に参考となる記述がありそれを見ると\の方だったので

修正してみると見事接続!

■いまここ■

ただ、ほかの人のを読んでると、しばらくしたらまたつながらないとか不安になることが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Emonster lite(S12HT)購入

昨日、ヨドバシ梅田にて購入。
手続き中の約1時間は3番街の喫茶店にてコーヒーとホットドックで時間つぶし。

リンク: 携帯電話 EMONSTER lite(S12HT) | イー・モバイル.

主目的は
・palmからのダイアルアップ接続
・出張中の会社PCネット回線確保
・遊び中のMacBookネット回線確保
・S12HT単体でのネットによる調べ物

\29980- 10%ポイント デビット決済 (新にねん契約)
EMNET契約無し

本体は普通の携帯と変わらん厚み。
動作中は温かくなる。

emnet契約無しの際の注意事項を渡される。
接続設定をembに変更するだけ。

設定すること
・windowsPC(Xp)にActiveSyncインストール
・ Iris Browserインストール
KTCapt 画面キャプチャソフトインストール
・ダイアルアップ用のプロファイルを追加インストール
   (WM6_BT_DUN.cab)
・PCで接続設定
・MacBookで接続設定

・palmで接続設定  ←いまここ 苦戦中。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピーカー“Sountina” NSA-PF1 ソニー

リンク: スピーカーシステム“Sountina” NSA-PF1 | AV/Hi-Fiオーディオ | ソニー.

2

今日、大阪ソニースタイル行ってきた。

いつも新製品が取り上げてあるコーナー(フロアの右端)に

変わった形の、スピーカーとは思えないタワーが置いてあった。

3wayのスピーカーシステムらしいが、特徴はツィーター部の有機ガラス!

ガラス下部をたたいて振動させて音を鳴らす。

と、説明してもらった。

打楽器やはじく音が得意らしい。バリの民族楽器なんかきれいに

聞こえた。

スピーカーから離れても音がちゃんと聞こえる。

ステレオ入力をデジタル処理して1つのタワーの中央部の4つの可振器に与えてるようで、音が広がるように伝わる。

ホテルのラウンジや喫茶店ホールなどに置くとちょうど良い。

どなたかそのような使い方の方おられましたら紹介とか

言われたので、ご興味のある方はソニースタイルへどうぞ!

とにかくあたらしい体験ですので、視聴あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »