« 2007年12月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年1月

VCCI classにみるメーカーの実力

国内のPC関連機器メーカーが発売している製品の取得規格の項目に着目してみる。
VCCIとは法的拘束力はないが電波ノイズの大きさで業界の自主規制の基準。
FCCやCEマーキング(こちらは拘束力あり)と評価レベルは似ている。
classAとは、工場などノイズが比較的多くてもよい所に適用され
classBとは一般家庭向けである。詳しくは電磁両立性やEMCをキーワードに検索されたし。
とうぜんPC機器はオフィスはもとより家庭内にもかなり浸透してきており、classBに通っていることが当たり前。

測定サイトによりその値にばらつきがあるとはいえ、一応クリアしているとうたっている機器は
メーカーの技術レベルもあるラインをこえているといえる。
WEBやカタログに一般家庭向けに作られているように宣伝していても
スペックの欄を見てみるとclassAどまりで販売しているメーカーの多いこと!!
書いているのはまだ良い方で、パッケージにも記載がなく
メーカーに問い合わせても、測定すらしていないのか返答がない機器もある。

企業としての姿勢、技術部のレベルが見て取れる。
EMCの対策は、製品設計の上流から作り込まなければならず、作ってからのやっつけ対策では
抑えるのも大変だが、コストが馬鹿にならないからだ。
ディジタルの知識だけでは無理で、アナログや高周波の知識、機構部品とのバランスも大切で
設計チーム全体での協力のもとでようやく成し遂げられるものである。
ゆえにマネージメント力が問われているといってもよいかもしれない。

クラスBとうたっている機種が多いのがバッファローではないだろうか?
IO-DATA、プラネックスはこの点ではランクが低い。

経験上、ランクの低いメーカーの製品は、何らかの不具合も多かった気がする。

ユーザーはこういう所も製品選択のポイントに入れ、しっかりと作り込んでいる
製品を選べば、安定した動作が得られ、そういうメーカーを評価することで
良い製品が多く出てくることになるはずである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

au FAN MEETING

リンク: au FAN MEETING.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

効率が10倍アップする新・知的生産術—自分をグーグル化する方法: 本: 勝間 和代

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
勝間 和代
ダイヤモンド社 (2007/12/14)
売り上げランキング: 4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

良い年になりますように。

最近、Treoユーザーのブログを巡回しながらふつふつと物欲がわいてきております。今年は何かしらGetするかぁ?

だらだらと。。。
年越しは、ぬくぬくとこたつに入ってMacBookでブログ書きつつワンセグ見ながら過ごしました。プチ幸せ。

ブログ書き込みはsafariではなくfirefoxを使います。amzletとクイック投稿が使え、HTML編集のタブが使えるので便利。
普段のWEBブラウズはsafariが快適なんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FAX電話機+複合機という選択

Panasonic パーソナルファクス 親機および子機1台(ホワイト) KX-PW606DL-W  キヤノン PIXUS MP970

ブラザーの複合機FAX マイミーオがエラー表示のままとなった。
修理すれば使えるようになるだろうけど、ヘッドクリーニング浪費症状と2度のヘッド交換を行っているのでこれ以上のメンテナンスコストは許容できないと決断のもと、新モデルを検討していたところである。
取りあえずの候補モデルは、

Uxmf70見楽る (待機電力3.4W)

だった。ヨドバシ梅田店員に画質のことについて聞いてみるとHPのエンジンを使っているが

画質はHPより劣るとか。で、プリンタ売り場のHPのサンプルブックをみてから戻ってきて

見楽るのサンプルをみるとそんな気がする。もともとそれなりの画質しかないHPよりも劣るとなるといただけない。

当然ブラザーのマイミーオ最新モデルもそれなり。

そこで考えた。もともと我が家でのFAX受信頻度はそれほど多くない。(だからクリーニング浪費につながる訳だが)であれば、普通紙FAX(インクリボン式)で良くない?

候補に KX-PW606DL ( 消費電力 最大約130W/待機時約1.3W )を挙げた。

3.8型ホワイト液晶で受信内容を確認できる!「見てから印刷」

コンパクトボディに「たためる記録紙トレー」を採用。

通常はすっきりとしてコンパクトなのが良い。待機消費電力も今使っている電話機を置き換えるのでほぼ同等。最大というのはおそらく黒ベタ出力時だと想定するとまずそんなに食わない。

プリンタは有線LAN付き(PCがMacBookとデスクトップWinXpなので共用するため)で絞り込むとHP,CANON,EPSONとなるが、いままでマイミーオをおいていたところへ置き換えとなるとデザイン性も重要。画質もよく便利に使えそうなMP970が残った。(消費電力コピー時:約22W、待機時:約3.6W) 

それぞれネットを検索して別々のショップでポチっと購入。

購入してからしばらく経つが

FAXはコンパクトなのが良い。気になる点といえば、印字後のリボンは転写したところが透明になって残る訳だから廃棄には気を使わなければ。

プリンタは、

  • さすがCANON複合機のハイエンドモデルだけあってキレイだし便利。
  • 大きめの液晶で操作も簡単。
  • モノクロコピーは顔料インクでにじみが少なく良い。
  • CD/DVDレーベル印刷も簡単。
  • 使わないときにはすっきりデザインが気に入った。
  • 手持ちのBluetoothUSBアダプタをさせば認識してくれたので(ラッキー!)携帯からも印刷可能
  • 縁なし印刷ができるようになって今更ながら有難い。

いまのところ費用はかかったけど満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年4月 »